1. Top » 
  2. 製品レビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

2015年の手帳についてあれこれ備忘

手帳に関するあれこれの備忘メモ。ツイートしたものを編集。

俺が今年使ってたNOLTYの手帳、4月始まりだったから、同じデザインで1月始まりがないことを知った。
2015年はほぼ日手帳カズンavec + コクヨのキャンパスノートのバーチカルタイプで試行するつもりだけど、デイリーページはいらないという結論になった時に、手帳難民になる予感。

なんで週間バーチカルの手帳は、無駄にゴテゴテ余白を作ったり土日を縮小したりしてタイムラインを縮めるのだろう。
24時間とはいわないまでも、せめて朝6時から23時頃までの目盛りは欲しい。
余白が全くないのもそれはそれで嫌だけど。

散々迷ったけど、バーチカルのノート型手帳はコクヨのノートカバーをつけて使うことにする。
コクヨのノートカバーはペンホルダー付いていないし、別に僕の使い方ではノート2冊入らなくていいと思ってるけど、たぶんこれが最軽量のための苦渋の選択。
キングジムのよりはいくらかピンときた。

本当はほぼ日手帳カズンavecのカバーと一緒に挟み込むのがいいのだろうけど、そうするとなんかギッチリになって書きにくそうなのが嫌で、あえて分離してみた。
使い勝手次第ではカズンavecと一緒のカバーに入れて使うようになるかも。
ここらへんのノウハウ欲しいなぁ。

下記はまだ読みかけで止まっているけど、手帳運用の参考になればと買った本。

シゴタノ!手帳術シゴタノ!手帳術
倉下 忠憲 北 真也 大橋 悦夫

東洋経済新報社 2012-03-30
売り上げランキング : 303002

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

ほぼ日手帳カズン2015の分冊版には週間スケジュールがついていない

ほぼ日手帳カズンの2015年版は前半・後半の分冊版も出るということで期待していたのだけれど、ちょっと残念な結果になってしまった。
カズンの分冊版(avec)には週間カレンダーがついていないのだ。

今年から手帳の使い方をかなり変えた。
今までは、仕事の予定は、職場で使用されていたNotesの予定表と能率手帳に書き込みつつも、実質は仕事用に作ったGoogle Calendarで管理。
それとは別に、プライベート用途には、バイブルサイズのシステム手帳を使っていた(実質的に放置になっていたけれど)。

今年から職場環境が変わったことで、手帳の運用は次のようにした。
仕事の予定は会社のOutlookと支給されているiPhoneで管理し、紙の手帳での管理をやめた。

これは、ただでさえ打ち合わせの数が多い上に、そのスケジュールがコロコロ変わるために、紙に書いたり修正したりする手間や時間の浪費を省くためだ。
(前職で仕事の予定を管理するために作成したGoogleアカウントは削除した。)

仕事用では紙の手帳を撤廃したけれど、プライベート用の手帳は日々の記録や思考の整理に使うために継続している。
ただし、プライベートもスケジュールの管理は専らGoogleカレンダーに任せてある。
これも不確かな予定が変わった時に書き直す手間を省くためだ。
どうせ今までも紙の手帳にはそんなに書かなかったので、「手帳ではスケジュール管理しない」と割りきって、確定している大事な予定のみ、月間カレンダーに転記している。

この運用がある程度固まったのが5月ころで、その頃にシステム手帳を持ち歩くのをやめて、プライベート用に月間+週間バーチカルタイプの能率手帳を買い直した(仕事用に使っていた能率手帳は月間+週間見開きのタイプ)。

月間カレンダーはマイルストン(重要なイベント)、バーチカルの週間カレンダーはその週のある程度の動き方(平日は主に定時後)というような使い方をするつもりなのだ。
その過程で、週間バーチカルがついているほぼ日手帳カズンも検討したのだけれど、さすがにカズンの重さに躊躇して見送った経緯がある(僕は手帳を持ち歩きたい)。

あとは、手帳を毎日書くという習慣がなかったため、まずはウィークリーで手帳に触れるように習慣づけようという思惑もあった。
(事実、仕事の多忙にかまけて平日はまったく手帳を開けていないし、バタバタしていて週末でも書いていない時期も多い。)
つまり、僕のプライベート用の手帳の運用は、週間バーチカルのカレンダーありきなのである。

そういう経緯もあり、来年はほぼ日手帳カズンかなぁ、分冊版も出るらしい持ち歩けるぞと期待していた。
その結果が、カズンの分冊版(avec)は週間カレンダーが省かれるという事態である。

あんまりだよドラえもん。

これは困った。
週間カレンダーがついていないとほぼ日手帳にする意味が無いので、どうするか。

案としては次の2つか。

1.今使っている能率手帳を来年も継続していく。

日々のことは今と同様に後半のノートページに書いていく(今は週末にしか書いていない)。
ノートページを書ききったら別でノートを追加持参する。

2.カズンavec(分冊版)を購入し、バーチカルの週間ダイアリーだけを別で買う。

必要なのは週間ダイアリーページ機能のみなので、ノートページやらお役立ちページやらが存在しないシンプルなものが存在するかどうか。
サイズはA5版ならベスト。
なお、週間ダイアリーが省かれたavecと同タイミングでは、カズンの週間ダイアリーのみは発売されない模様。

さて、どうしようか。


手帳運用の参考になればと本を買ったけど、まだ読んでない。

クラウド時代のハイブリッド手帳術クラウド時代のハイブリッド手帳術
倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-09-23
売り上げランキング : 122856

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

無料クラウド家計簿 「マネーフォワード」を試してみた感想

今まではOCN家計簿+Zaimでクラウド家計簿管理をして、
資産全体はMoneyLookを使っていましたが、
マネーフォワードの評判が良さそうなので登録して使ってみました。

MoneyLookの乗り換え先候補になりうるか。
MoneyLookで口座情報の取得で数十分待たされてイライラするのはもう嫌なので、
とりあえずはその代わりになればいいや。
Zaim+OCN家計簿の代わりになりうるかもチェックしてみます。

以下、その感想です。


対応金融機関

対応金融機関に公共料金系が皆無。
ただし、対応金融機関はものすごいスピードで増えているようなので今後に期待。
銀行、クレジットカードについては、僕が主に使用しているものはほぼ網羅されていました。

マネックスグループ子会社が出資の安心のセキュリティーと謳っている割には、
マネックスFXに対応していない(マネックス証券はある)。

ポイント関連の対応がまだまだだけど、他の類似サービスで確認すれば何とかなるから、それほど影響はなさそう。
操作体系的にイライラしなさそうだから、とりあえずMoneyLookの代替にはなりそう。
公共系が皆無だけど、カード払いだからそんなに影響ないはず。


手入力

手入力についてはまだ何とも言えない。
iPhoneアプリの使い勝手次第か。
Web画面と同程度の入力の細かさができるようになれば、とりあえずは問題なさそうです。
アプリ利用はいずれ有料化するのでしょうが、無料版で極端な機能制限がなければいいかな。


ランキングとか目標とか

まだ実装されていないっぽいけど、個人的には興味が無い箇所なのでどうでもいい。
それよりも、現状ではカードや公共料金の引き落とし日と引き落とし銀行が一覧でわからないっぽいので、そっちを何とかしてほしい。
OCN家計簿でも実装されていないので。
これはMoneyLookに強みがある。


各口座ごとの入出金履歴の確認とか自動ログイン

現状ではできない。
むぅ、結局MoneyLookが捨てられない予感・・・。
サポートに問い合わせてみたところ、金融機関ごとの入出金履歴の確認は今後に実装を予定しているとのこと。
自動ログイン機能については、セキュリティの関係上、現状は提供を予定していないらしいです。


他のクラウド家計簿との違い

マネーフォワードの特徴的なところは、ログイン時とか更新指示時に各金融機関に情報を取りにいくのではなくて、
サイト立ち上げていない時でも自動で勝手に情報を取りに行くところ。
(個別の金融機関ごとに情報取得を行うことはできる。)

これは好みが分かれるところでしょうか。
良い方に考えれば
 ・毎日ログインして情報取得しなくても、一定の周期で勝手に情報取得してくれるのは便利

悪い方に考えれば、
 ・自分が意図していない時にログインされるのは気持ちが悪い
 ・自分が意図した時に、一括での情報取得ができない(MoneyLookでいう「全口座更新」)

最初はこの仕様にちょっと抵抗があったけど、スマホで都度都度で情報確認するのには、
この仕様の方がいいのかもしれません。
スマホで情報取得したら10分待ちなんて待ってられませんので。

 ※楽天銀行を登録すると、[追加認証によるログイン]のメールが毎日くるようになります。


集計の締め日設定

マネーフォワードは集計の締め日が現状では自由に設定できない(現状では月末締め固定のみ)。
これも今後にには対応予定らしいので、対応に期待!ってところでしょうか。


費目の分類

費目の分類が気に入らない。
交際費とか交通費の大項目が欲しい
大項目も自由に追加できるようになるといいんだけれど。
あと、iPhoneアプリでの独自項目の表示編集対応もしてもらえると素敵。

サポートに問い合わせてみたところ、独自追加した費目の中項目をスマホで表示・編集する対応は、
6月中旬を目標に開発しているらしいです。
ただし、大項目については今後も追加の予定はないらしい。これは残念。

あと、マネーフォワードにはデフォルトの項目にタバコってのが用意されていません。
タバコやめろってことですねわかります。
わかってる、よくわかってる。でも、できなーい!(橘いずみ 永遠のパズル)


アプリ

操作感がまだまだマネーフォワードよりもZaimの方が上だと感じるのは、
Zaimにはバックグラウンド更新があるからでしょう。
サーバーへの登録中に何もできない待ち時間はけっこうイライラします。
同期処理を非同期処理に修正し直すのは結構大変だろうけど、対応して欲しい。

あと、オフライン(電波圏外)のところで手入力をしても、現状はサーバーに登録できずに、
入力内容が無駄になってしまうのもネック。
登録失敗すると、失敗時の情報を保持せずにリセットされてしまうのも改善どころでしょう。
また、削除時に問答無用で削除するよりも、削除確認を表示してワンクッションおいたほうが親切かなと思いました。

で、これもサポートに確認をしてみたら、
手入力のローカル保存・一括更新についても対応予定らしいです。


サポート体制

素晴らしい!
マネーフォワードに要望を出したら、返信のスピードがびっくりするくらい早かった。
平日に要望を出したら、数十分後には回答がきていました。
この対応は顧客満足度をかなり高めると想います。侮れないなぁ。


以上、マネーフォワードの使用感、感想でした。
クラウド家計簿の話には後日談がありますので、それはまた次回に。

お金が貯まる人の「家計簿」 (知的生きかた文庫)お金が貯まる人の「家計簿」 (知的生きかた文庫)
泉 正人

三笠書房 2009-06-19
売り上げランキング : 50833

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

デスクトップPC復旧と新マシンの皮算用

ちょっと前から起動しなくなっていたデスクトップPCの復旧をようやく終えました。
どうも、一番最後に増設したハードディスク(HDD)がご臨終しているっぽい。
コイツを外すと正常に起動することを確認済み。
俺の200GB分のデータが・・・orz

最近は、使用しているのがもっぱらノートPCなので、
デスクトップマシンHDDのデータを参照するのに難儀していました。
というわけで、今回久々についでにデスクトップのケースを開けたついでに、
windowsの入っているHDD以外を全て取っ払ってみました。
取っ払ったHDDの数、2つ。
タワー型PCの意味がなくなりました(笑)

この取っ払ったHDDは、外付け用のHDDに改造して、
ノートからもデスクトップからも見れるようにしておきたい。
片方は80GBで、もう片方は復旧できるか不明の200GBだから、
無理して外付け化する必要あるのかとは思うけど、とりあえずやる。

デスクトップマシンは捨てずに、開発用マシンとして手元に残しておきたい。
やっぱりノートPCのキーボードはあまり好きじゃない。

ただ、今のデスクトップマシンは、6年前に自作したやつだから、
スペック的にもかなり古くなってきました。
Windows XPはいいとしても、デュアルコア、クアッドコアのご時世に、
CPU:Pentium 4 2.40GHz、メモリ 1GB(512MB×2)というのは、
スペック的に少々物足りなさが残ります。
こいつでVisual Studio 2008がサクサク動くか疑問。
いや、たぶん動くだろうけど。

で、閃めきました。

新しいの買っちゃうか☆

ただ、以前に自作をした際に、恐ろしく面倒くさかった記憶があるので、
今回はそれは避けたい。
また、デスクトップに関しては、メーカー製を買うのは
ボッタクラレ以外の何者でもないので、これもパス。
というわけで、選択肢は自動的にBTOのみに。
パーツへのこだわりもほとんどないので、
スペックと値段のバランスが取れていればOK。

以下、ドスパラでのWeb見積もり結果。
なんで、ドスパラを選んだかというと、ろじぱらの人がココで買ってたから。

↓↓↓↓↓↓↓↓
▼Prime PC
 ■Prime Magnate IM
 基本スペック :
  ■IntelR Core"! 2 Duo E8500 (デュアルコア/3.16GHz/L2キャッシュ6MB)
  ■2GB メモリ (DDR2 SDRAM 800MHz / デュアルチャンネル)
  ■IntelR G31 Express チップセット マイクロATXマザーボード
  ■500GB ハードディスク (7200rpm / シリアルATA II)
  ■DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R×18/ DVD-RAM×12/ DVD2層書込み対応)
 
 スペック変更・オプション追加は下記の通りです
  ● 静音パック:★まんぞくコース (CPUFANの静音化) ×1 に変更
  ● オープンベイ:7in1カードリーダー の追加 ×1 に変更
  ● 電源:EVERGREEN SilentKing 550W (静音電源) ×1 に変更
 
 単価:¥67,259 ×1 計:¥67,259

▼Prime PC
 ■Prime Magnate GCD
 基本スペック :
  ■IntelR Core"! 2 Duo E7300(デュアルコア / 2.66GHz / L2キャッシュ3MB)スペックUP!
  ■FOXCONN G31MX-K (IntelR G31 Express チップセットマイクロATX マザーボード)
  ■1GB メモリ(DDR2 SDRAM 800MHz / デュアルチャンネル)
  ■160GB ハードディスク (7200rpm / シリアルATA II)
  ■DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R×18/ DVD-RAM×12/ DVD2層書込み対応)

 スペック変更・オプション追加は下記の通りです
  ● 静音パック:★まんぞくコース (CPUFANの静音化) ×1 に変更
  ● メモリ:1GB DDR2 SDRAM(800MHz/1GB×1) ×1 に変更
  ● ハードディスク:500GB シリアルATA II HDD (7200rpm) ×1 に変更
  ● オープンベイ:7in1カードリーダー の追加 ×1 に変更
  ● 電源:EVERGREEN SilentKing 550W (静音電源) ×1 に変更
 
 単価:¥62,259 ×1 計:¥62,259
↑↑↑↑↑↑↑↑

【以下、自分用備忘】
 上と下との違いは、CPUとマザーボードのみ。
 5000円しか変わらないとなると悩むけど、Core 2 Duo E8500がベストか。
 クアッドコアや、i7までのスペックは求めない。あくまでもサブ機。
 最初は、スリムモデルを考えたけど、それを買っちゃうと今後に繋がらないのでパス。
 拡張するのが面倒くさいと言いつつも、拡張性ゼロだとそれはそれで問題がある。
 でも、サブマシンになりそうなので、今のデスクトップ(タワー型)ほどのサイズは必要ない。
 以上の経緯から、ミニタワーを選択肢とする。
 
 windows XPやOffice 2002は以前に自作した際のがあるから、これを流用。
 Office 2007のGUIは、各人の生産性を下げるため変更されたとしか思えないので、
 当分関わらない予定。慣れればいいとかそういう次元じゃない。
 
 メモリは、本当は2GBの一個刺しにしたかったのだけれど、
 選択肢になかったのでとりあえず。
 3GBの壁を越えるつもりはないけど、既存の512MBもできれば流用したい。
 買うのが決定したら、別途相談要望してみること。
 
 HDDは、1TBも考えたが、しょせんはサブマシンだし、
 内臓のHDDの容量が大量にあっても意味がないので、500GBに。
 今後は外付けHDDの時代だ。
 500GBもいらないだろうというツッコミは回避(安いんだもん)。
 
 難点は、映像出力がアナログモニター(D-Sub 15ピン)しかないこと。
 非Vistaだし、ゲームしないから、グラフィックボードはオンボードでよいのだけれど、
 デジタル出力のために追加すべきか。
 買うのが決定したら、選択肢以外の安めのグラボ追加を相談要望してみること。
 
 モニタは他で買う。既存の15インチはには引退してもらおう。
 22インチワイドで、デジアナ両対応、HDMI装備が必須。


購入目的としては、どちらかというとスペックの問題よりも、
自分で適当に作ったから、マシン構成的に少々不安定なのを騙し騙し使っていて、
それをそろそろ解決したいという意図の方が大きそう。
ここまで書いて、情報の整理が出来たので個人的には満足。

とりあえず、新マシンを買うかどうかは別として、
モニタだけでも近日中に買おう。
さすがに、今の時代に1024×768の解像度だけではキツイ。
これだけは何ともならない。
 購入予定日:12/7←P-Oneカードの7日10倍の日(笑)

まずはマシンのクリーン再インストールしようっと。

ウーノ アレンジ王

ふだん使っているヘアワックスの「ギャツビー ムービングラバー グランジマット」を
使い切ったので、UNOの新製品を買ってみた。

マットワックスが好きなので、
ホールド感のある黒ギャッツビーの頃から使っていたのですが、
なんとなく今回浮気。

で、使ってみた感想。

ワックス自体は少々水っぽい。
その分、伸びがいいので、髪全体に広がる。
ホールド感もいい感じ。

ただ・・・。
ちょっとオイリーすぎるかなという気もします。
髪を触った時に、ベトつくのが気になる。

僕の髪の長さはミディアムショートくらいなので、
ワックスをつけた後にスプレーで固めるという使い方をしています。
今回ワックスをつけすぎただけなのかなぁ。
しばらく様子を見た後に、ギャッツビーに戻るかも。

Page Top

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

百舌

Author:百舌
都内某所で働くSE
ロストジェネレーション
社畜二段

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
etc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。