1. Top » 
  2. 2014年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

2015年の手帳についてあれこれ備忘

手帳に関するあれこれの備忘メモ。ツイートしたものを編集。

俺が今年使ってたNOLTYの手帳、4月始まりだったから、同じデザインで1月始まりがないことを知った。
2015年はほぼ日手帳カズンavec + コクヨのキャンパスノートのバーチカルタイプで試行するつもりだけど、デイリーページはいらないという結論になった時に、手帳難民になる予感。

なんで週間バーチカルの手帳は、無駄にゴテゴテ余白を作ったり土日を縮小したりしてタイムラインを縮めるのだろう。
24時間とはいわないまでも、せめて朝6時から23時頃までの目盛りは欲しい。
余白が全くないのもそれはそれで嫌だけど。

散々迷ったけど、バーチカルのノート型手帳はコクヨのノートカバーをつけて使うことにする。
コクヨのノートカバーはペンホルダー付いていないし、別に僕の使い方ではノート2冊入らなくていいと思ってるけど、たぶんこれが最軽量のための苦渋の選択。
キングジムのよりはいくらかピンときた。

本当はほぼ日手帳カズンavecのカバーと一緒に挟み込むのがいいのだろうけど、そうするとなんかギッチリになって書きにくそうなのが嫌で、あえて分離してみた。
使い勝手次第ではカズンavecと一緒のカバーに入れて使うようになるかも。
ここらへんのノウハウ欲しいなぁ。

下記はまだ読みかけで止まっているけど、手帳運用の参考になればと買った本。

シゴタノ!手帳術シゴタノ!手帳術
倉下 忠憲 北 真也 大橋 悦夫

東洋経済新報社 2012-03-30
売り上げランキング : 303002

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト

モバイルSuicaで決済した内容をMoney Forwardに反映されるまで覚えておく方法

    1. Tips
  • 2014 12/16 (Tue)
iPhone愛用者ですが、おサイフ携帯での電子マネー決済用にAndroidスマホも持ち歩いています。
一番使用する電子マネーは、やはりモバイルSuica。

電子マネーが使えるほぼ全ての店で使用できるため、汎用性が非常に高いです。
(チャージする時も、ビックカメラSuicaカードやルミネカード等のビューカード系に紐付ければ、ポイント的にもおいしい。)
ポイント以外にも、電子マネーで決済することのメリットとしては、Money Forward等のクラウド家計簿に使用履歴が登録できるので、何にいくら使ったのかの管理がしやすくなるところ。
個人的にはこれが大きいです。
カード型のSuicaでは履歴をネットから確認できないので、モバイルSuicaを手放せないでいます。
PASMOもいつの間にかネットから履歴確認できなくなってしまったのが残念無念。

ただし、モバイルSuicaで決済した時の問題点が1つ。
電車やバスに乗った時は、駅名やバス乗車の履歴が残るのですが、街ナカで買い物した時の履歴は全て「物販」と表示されること。
コンビニで買っても「物販」、自動販売機で買っても「物販」、飲食店での支払いも「物販」。
モバイルSuicaの使用上、これはどうしようもないみたいです。
改善を望んではや数年経ちましたが、これは今後も改善されることはなさそう。
他の後発の電子マネーには、使用店舗の情報が履歴として残るものもあるので、改善を望みたいところではありますが。。。

上記の何が問題かというと、後々で履歴を振り返った時に、何に使った「物販」なのかがわからないところ。
クレジットカードや他の電子マネーでは、店名が履歴として残るので、「ああ、何々に使った金額だな」というのが比較的わかりやすいです。
これが、モバイルSuicaの場合だとそうはいかない。

さて、ここでMoney Forward。
本格的に使い込み始めてそろそろ1年経ちます。
登録さえしておけば、電子マネーの使用履歴も勝手に取得してきてくれるので便利。
過去に取得した内容と同じ内容であれば、費目(大項目、中項目)も過去の分に合わせて勝手にセットしてくれます(後述)。

ただし、Money Forwardに登録されるまでにはいくらかのタイムラグがあります。

 モバイルSuicaの履歴をネットで確認できるようになるのは翌日
 → その後にMoney Forwardが取り込みを行う

という流れのため、Money Forwardで確認ができるようになる頃には、何に使ったのかを忘れてしまう。
自販機で缶コーヒー1本とか単純なものならば、まだ覚えていられますし金額で察しがつきます。
ですが、例えば、飲み物と文房具とシャンプーなんかを同時に買った場合、それを費目(大項目、中項目)ごとに分割する必要が出てきます。
レシートを見て後からやろうと思っても、僕なんかは絶対にやらない。
じゃあ、どうするか。

最近は下記のように運用しています。
1.モバイルSuicaで決済した時に、備忘用としてMoney Forwardにも手入力で登録しておく。
  メモ欄に「Suica備忘」とか登録しておけばわかりやすいかも。
2.モバイルSuicaの履歴がMoney Forwardに反映されたタイミングで、モバイルSuicaの履歴は計算対象外にする
3.メモ欄の「Suica備忘」の文言を消す。


もう1つの問題点。
モバイルSuicaで交通機関以外で決済した場合、履歴に表示されるのは「物販」。
コンビニで買っても、自動販売機で買っても、飲食店での支払いも全て「物販」。
Money Forwardの仕様として、過去に取得した内容と同じ内容であれば、費目(大項目、中項目)も過去の分に合わせて勝手にセットしてくれます。

すると、どういうことが起きるか。下記のようになります。

1.飲食店でお昼ごはんを食べた際に、モバイルSuicaで決済。
2.翌日に、モバイルSuicaの履歴に「物販」が登録され、それがMoney Forwardに取り込まれる
3.Money Forwardに反映された「物販」の費目を「お昼ごはん」に修正する
4.コンビニでジャンプを買って、モバイルSuicaで決済する
5.翌日に、モバイルSuicaの履歴に「物販」が登録され、それがMoney Forwardに取り込まれる
6.Money Forwardに取り込まれた「物販」の費目は、「お昼ごはん」として登録される
7.以降、モバイルSuicaで決済した全ての「物販」の費目が、「お昼ごはん」として登録される
8.使った金額は管理されているけれど、何に使った金額なのかがわけわからなくなるw


対策としては、先ほどに書いた運用と同じような方法でカバーしています。

1.モバイルSuicaで決済した時に、備忘用としてMoney Forwardにも手入力で登録しておく。
  メモ欄に「Suica備忘」とか登録しておけばわかりやすいかも。
2.モバイルSuicaの履歴がMoney Forwardに反映されたタイミングで、備忘用として登録しておいた費目を確認し、モバイルSuicaの履歴を修正する
3.備忘用として登録しておいたものは消す。

こうすれば、何に使った決済なのかを忘れても、悩まなくてすむ。
対象となるのは以下のもの。
 ・自販機、コンビニ、ドラッグストアでの買い物、お昼ごはんのSuica決済以外で決済したもの etc

振り返りの編集はPCからが便利になるけど、まぁそれは今も一緒だからいいか。
(覚えている範囲で、スマホアプリからも消し込みしています。)
レシートは取っておいても、自分は絶対に見直さないまま溜まってゴミになるから、その場でMoney Forwardに手入力する運用にしました。
今のところいい感じ。

はじめてのクラウド確定申告 全自動だから入力も仕訳も照合もラクラク! 乗り換えもカンタン! [MFクラウド公式ガイド]はじめてのクラウド確定申告 全自動だから入力も仕訳も照合もラクラク! 乗り換えもカンタン! [MFクラウド公式ガイド]
株式会社マネーフォワード 税理士法人アクセス

翔泳社 2014-12-16
売り上げランキング : 7822

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事

Page Top

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

百舌

Author:百舌
都内某所で働くSE
ロストジェネレーション
社畜二段

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
etc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。